インゴットの売却には手数料がかかる!いくらくらいかかる?

カテゴリ:インゴット

インゴット

資産運用をするときに活用できるのがインゴットです。これは金を購入して保管しておくものです。金投資とも呼ばれるもので資産運用の手段として多く使われています。インゴットは保管してから時価が上がったときに売却をすると儲けることができます。ただし売却時に売却手数料が発生してしまうので注意しておきましょう。 実際にインゴットを売却するとどれくらいの手数料が取られるのか、ここでは紹介をするので覚えておくとよいです。

インゴット売却に手数料がかかる理由は?

インゴットを売るときに必ず手数料がかかりますが、これはどうしてでしょうか。一般的にインゴットは専門業者に買い取ってもらいます。専門業者は金などを買い取って売上を立てているので、手数料をもらわないと事業が成り立ちません。インゴットは買い取ってから加工をして別の商品として売ることも出来ます。ただ加工や製造は特別な設備が必要になるので多額の費用が必要です。 買取業者は金の加工設備を導入するよりも、買取時の仲介マージンをもらう方がコストが掛からず儲けることができます。そういう理由から金は売却時に手数料がかかります。また金は錬成をするときに完全に分離するのが難しいです。数%の金を分離できない場合、損をしてしまいます。買取業者ではそこでの目減り分を仲介マージンとして設定しているところがあります。 なおインゴットの売却手数料に関しては買取業者によって違います。インゴットを売るときには買取業者の手数料を何軒かチェックしておくと安心です。

インゴット売却にかかる手数料の相場

実際にインゴットを売るときにはどれくらいの手数料を取られるのか知っておきましょう。基本的に金の買取手数料は業者が自由に決めることができます。特に統一された基準がないので注意が必要です。ほとんどの金買取業者では売却するインゴットの金額で手数料が決定するシステムや、地金一個あたりで手数料を設定しているところがあります。一般的に相場は買取金額の1%から高くても5%くらいと考えておくとよいです。インゴットの買い取り手数料を1%だと仮定します。金相場は1グラムあたり6,000円で、売却をする金の総量が200グラムだとしましょう。200グラム×6,000円なので売却金額は1,200,000円です。この金額から1%の仲介マージンを取られるので120万円×0.01で1.2万円の手数料が発生します。 これはあくまで参考買取価格です。業者によって目減り分などが差し引かれると買取価格は下がります。

手数料が高い業者は悪徳なのか?

実はインゴットを買い取っている業者には手数料がかからない業者とかかる業者があります。手数料を取らない業者は基本的に自社で金の工場を持っているところなどです。このような業者は買い取った金をすぐに加工して別の商品として売ることができます。そのため金の買取マージンを取らなくても元が十分取れます。 逆に手数料を取る業者は基本的に自社工場を持っていません。そこでマージンを取り売上を立てています。大手の金属メーカーでも手数料を取っているため。決して手数料を取る業者が決して悪徳でないので理解しておきましょう。ただし金買取業者の中にはとんでもない手数料を要求するところもあります。金の仲介マージン相場は1%から5%ですが1割近くの金額を設定しています。 これは悪徳業者の可能性があるので注意しておくとよいです。適切なマージン相場は1%から5%なので、この手数料を基準に業者を選定するとよいです。

基本的にインゴットの買取価格は業者により大きく違います。業者により自由にマージンを決める事ができるのでじっくり剪定をする必要があります。仲介マージンの相場は1%から5%です。これを理解して業者を選定すれば、満足できる換金ができるでしょう。特に中間マージンが1割を超える業者は注意しておくとよいです。 金買取業者のホームページを見ればどれくらいのコストがかかるのか表記されています。複数の業者を調べてインゴットを売りましょう。



■この記事に関するお問い合わせは
バイエラジャパン 横浜店
〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸1-5-4 SANKYOビル6F
TEL:045-620-4154


#田中貴金属 #インゴット #金塊 #インゴッド #金の延板 #純金 #K24 #バイセラジャパン #買取実績 #表参道 #原宿 #明治神宮前 #渋谷 #買取 #質屋 #ブランド #ジュエリー #貴金属 #金プラチナ #ゴールド #宝石

カテゴリ : インゴット 


オフィシャルサイトに戻る
ブログTOPに戻る
  • 店舗案内

テレビ取材情報

知りたがり

バンキシャ

every

ZIP!

おは4

スーパーニュース