インゴットはそのまま売却するとどれくらいの税金がかかる?

インゴットは資産運用として使える優れた商品です。通貨と違って価値が安定している商品なので多くの方が利用をしています。注意点としてインゴットを売却するときに、税金を支払う必要があります。これは利益に応じてコストが大きく変動するので気をつけておきましょう。特に1000万円超える利益が出たときには注意が必要です。 ここではインゴットの税金について詳しく紹介します。同時に税をうまく軽減する方法も紹介するので知っておくとよいです。

インゴットの売却にかかる税金はどれくらい?

確定申告をするときに注意しておきたい計算式です。どのように税金は計算されるのか気になる人も多いでしょう。これはインゴットの保有期間により変化します。
例えば保有期間が5年以内の場合は譲渡価格から所得費を差し引いて、そこからさらに特別控除50万円を引きます。保有期間が5年以上の場合は譲渡価格から取得費などを差し引いて特別控除50万円を引くまでは同じです。 さらに二分の1を掛けた金額が支払う税です。5年以上保有してインゴットを売却したときには税が半額になるのでうまく使いましょう。
税金対策をしたいときにはインゴットを5年以上保有するのが望ましいです。譲渡所得とは金の売却時の金額を指します。売却したインゴットの量が多ければ多いほど税金もたくさんかかると考えておくとよいです。 ちなみに取得費はインゴットを購入したときの金額と手数料を指します。時価額が高いときに金を沢山購入していると支払う税金も下がります。

いくら以上売却すると確定申告が必要になる?

インゴットを売るときに気になる税金ですが、これは年間の収入と合算して考えます。
例えば年収が500万円の方がインゴットを売るとします。その際売却金額が300万円になると年収と合算して800万円の利益が出ます。税率は収入が695万超から900万円以下だと23%です。控除を受ける事ができるので63.6万円差し引かれます。 ちなみに年収が195万円以下だと税率はたった5%で済みます。このとき適用される控除は0円です。195万円以上かつ330万円以下だと税率は10%で控除額は9.75万円です。また1800万円を超える収入があるときは税率が40%と非常に高く、現実的なコストではありません。ただ控除として279.6万円を受ける事ができますが半分近くの金額を持っていかれるのはかなり厳しいです。 一時的に大儲けできるとはいえ税率が高くあまり得をしていると感じる方は少ないでしょう。こういうときのために分割売却が利用できます。

インゴットは分割して売却すればかかる税金を減らすことができる

インゴットを売るときに知っておきたいのが税金対策です。まとめて売却をすると非常に多くの税金を支払うことになるので注意しておきましょう。
そこで使えるのがインゴットの分割加工サービスです。
金やプラチナなどの売却額の総額で1人あたり1日200万円以上になると住所、氏名、マイナンバー番号、取引内容を記載した「支払調書」を管轄の税務署に提出することが義務付けられています。そういった面倒から回避できるのもインゴットの分割加工サービスのメリットとなります。


■この記事に関するお問い合わせは
バイエラジャパン 横浜店
〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸1-5-4 SANKYOビル6F
TEL:045-620-4154


#田中貴金属 #インゴット #金塊 #インゴッド #金の延板 #純金 #K24 #バイセラジャパン #買取実績 #表参道 #原宿 #明治神宮前 #渋谷 #買取 #質屋 #ブランド #ジュエリー #貴金属 #金プラチナ #ゴールド #宝石