おすすめの仮想通貨取引所は?bitFlyer(ビットフライヤー)・Zaif(ザイフ)登録登録

ビットコイン bitFlyer ビットフライヤー Zaif ザイフ 登録




はじめに

「ビットコインに興味があるんだけど、どこで買えばいいの?」
「ビットコインの価格が上がってるけど、今から買っても儲かるの?」
など、

各種メディアに多数取り上げられている仮想通貨に興味があるけど、どこの仮想通貨取引所で買えばいいのか分からない人は多いですよね。

 

「そもそも、ビットコインって何?」
「仮想通貨って何?」
「どこの仮想通貨取引所で買えばいい?」
という基礎を説明しながらおすすめの仮想通貨取引所をご案内します。




おすすめの仮想通貨取引所は?

これから取引所の口座開設をお考えの方にオススメできる、日本国内の信用できる取引所を3社を厳選してみました。
口座の開設は3社とも無料で、登録も最短3分程度です。

金融庁登録済のセキュリティ対策が整っている取引所をオススメします。





Zaif(ザイフ)

運営企業:テックビューロ株式会社

現物取引手数料:-0.01%


ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所です。

今ならビットコインなどの取引手数料がマイナス、お得なキャンペーン中!

ザイフオリジナルの「Zaifコイン積立」を設定すれば、毎月1,000円~自動で毎月仮想通貨の積み立て購入が可能となります。




bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
bitFlyer(ビットフライヤー)

運営企業:株式会社bitFlyer

現物取引手数料:0.01% ~ 0.15%


ビットコイン取引量日本一!取引手数料の安さNO.1!

資本金は41億円を超え、他社を圧倒しており、安心して利用できます。

アプリも使いやすく、オススメの取引所です。

取り扱い通貨もどんどん増えています。




ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
coincheck(コインチェック)

運営企業:コインチェック株式会社

現物取引手数料:無料


日本で最大のビットコイン(bitcoin)取引所。※Bitcoin日本語情報サイト調べ

安全安心にビットコインをお試しすることができます。

取引手数料完全無料。最新の価格情報、相場、チャートも一目です。

その最大の特徴は、

・操作がわかりやすく初心者にも優しい 取扱い通貨の数が13種類と豊富

・取引量が多く、流動性が高いことが挙げられます。



以上の3社が日本を代表する仮想通貨取引所です。
仮想通貨取引を始めるなら、この3社の口座は必ず開設してください。





その他のオススメ取引所

以下の2社はどちらかと言えば、中級者~上級者向けです。

操作方法がやや複雑で、ビギナーにはまだ使いこなせないかもしれませんが、知識が高まるにつれて「使いやすい」と感じるようになると思います。

口座の開設はもちろん無料ですので、とりあえず登録だけしておいても損はありません。

使いやすいと感じるか、使いにくいと感じるか、フィーリングは人それぞれ異なりますので、口座開設後に実際に操作してみて、自分の使いやすい取引所を見つけましょう。





QUOINEX(コイネックス)

運営企業:QUOINE株式会社

現物取引手数料:無料


2017年9月29日に金融庁より仮想通貨交換事業者として、第一号登録(登録番号:関東財務局長第00002号)を受けた世界初の仮想通貨企業です。

世界最大級の仮想通貨取引所業界最狭の実効スプレッドで世界最高水準のセキュリティです。

さらに各種取引手数料が0円!

手数料が掛からないから初めての取引でも安心です。





GMOコイン

運営企業:GMOコイン株式会社

現物取引手数料:無料


専用スマホアプリ『ビットレ君』で、本格チャート、本格取引仮想通貨FX専用アプリ『ビットレ君』では、全9種類のテクニカル指標を利用することができます。

スマホさえあれば、外出先でいつでも本格的な取引が可能です。

PCでもスマホでも、多様な注文方法での取引が可能です。

・成行・指値 ・逆指値のほか、・OCO ・IFD ・IFD-OCOといった特殊注文の利用が可能です。





登録の前に。ビットコインとは?

世界中の人々がビットコインなどの仮想通貨に注目し始めていて、市場が急成長。

億万長者がたくさん誕生しています。

2017年の暴騰によって40倍以上に増えている状況です。

 

仮想通貨に使われている革命的な技術や、仮想通貨自体をお金のように使うことができるというところも「世界を変えるかもしれない」として注目を集めています。


ビットコインはサトシ・ナカモト(Satoshi Nakamoto) を名乗る人物によって投稿された論文に基づき、2009年に運用が開始されました。

 

ビットコインシステムはピア・トゥー・ピア型のネットワークにより運営され、トランザクション(ビットコインの所有権移転: 取引)は仲介者なしでユーザ間で直接に行われます。
このトランザクションはネットワークに参加しているノードによって検証され、ブロックチェーンと呼ばれる公開分散元帳に記録されていきます。
トランザクションでは通貨単位としてビットコイン (BTC) が使用されます。


このシステムは中央格納サーバや単一の管理者を置かずに運営されるので、米国財務省はビットコインを分散化された仮想通貨というカテゴリーに分類しています。
ビットコインは最初の暗号通貨とも言われるが、DigiCashやRippleといった先行システムが存在し、それを最初の分散化されたデジタル通貨として説明するのがより正確です。
ビットコインは、この種のシステムの中では最大の時価総額を持つものです。

 

ビットコインはトランザクション処理作業に対する報酬という形で新規に発行され、ユーザ達が計算能力を提供することでトランザクションは検証され、公開元帳に記録されます。
このトランザクションの検証・記録作業はマイニング(採掘)と呼ばれ、マイナー(採掘者)はトランザクション手数料と新規発行ビットコインを報酬として受け取ることができます。
ビットコインはマイニングにより入手される一方で、他の通貨や商品・サービスと交換することもできるます。
ビットコインを送信するときにユーザはマイナーに任意の額のトランザクション手数料を払うことができます。

 

ビットコインは極めて低いコストでの決済(およびマイクロペイメント)を権力機関や特別な権限を持つ発行者無しで平均10分程度の待機によって可能。
ノードから別のノードへの貨幣の移動は電子署名された取引で行われ、ピア・トゥー・ピア型ネットワーク内の全てのノードにブロードキャストされています。
初期の通貨流通や、二重支払(英語版)の検知のためプルーフ・オブ・ワーク・システム(英語版)が用いられています。

 





仮想通貨とは?

仮想通貨の中にも分類があって、その中で一番主要なものがビットコインです。

ビットコイン以外の仮想通貨を総称して、アルトコイン(オルトコイン)と呼びます。

といった名前を聞いたことがあるかもしれませんが、これらは全てアルトコインの仲間で、その数は1000種類近くあります。

 

ヨーロッパ中央銀行は2012年に仮想通貨を「未制御だが、特殊なバーチャルコミュニティで受け入れられた電子マネー」と定義付けました。
米国財務省金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)は2013年に仮想通貨を「本物のお金」の対義語と位置づけ、どの司法組織においても法定通貨としての価値を持たないものとして、ガイダンスを発表。
さらに2014年、欧州銀行監督局は仮想通貨を「デジタルな価値の表現で、中央銀行や公権力に発行されたもの(不換紙幣を含む)でないものの、一般の人にも電子的な取引に使えるものとして受け入れられたもの」と定義付けました。

 

日本では2016年に成立した新資金決済法の下では、「仮想通貨」は「物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの」又は「不特定の者を相手方として相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの」と定義されています。





仮想通貨の買い方

一発儲けようと思って、生活を変えてしまう程の「財産」を使って仮想通貨を買ってはいけません。

それではただの博打になってしまします。

仮想通貨全般に言えることですが、各コインの技術や需要・信用等の要素によって将来的に世界で「通貨」として生き残るコインが絞られてきます。

仮想通貨は今後、世界的な「常識」となるのは間違いないと思いますが、初心者のうちは市場に触れる勉強のつもりで仮想通貨の購入はあくまでも余剰金で行うと良いでしょう。

 


▲このページのトップへ